R01 学校の様子

松明あかしが行われました

11月9日(土)、日本三大火祭りの一つに数えられる伝統行事「松明あかし」が行われました。
 須高松明には、袴姿の生徒会長がはしごを上り、午後6時50分に点火しました。点火された火はみるみる大きな炎となり、大松明、姫松明をはじめ、他の21本の本松明とともに晩秋の須賀川の夜空を赤々と染めました。
 恒例の応援団演舞も行われました。風に乗って火の粉が飛び交う中、団員たちは会場の五老山を包む歓声や竹のはぜる音に負けない大声を張り上げながら勇壮な演舞を披露しました。